本文へ移動

苦情解決の仕組み

利用者への周知

・施設内の掲示、パンフレットの配布等により、利用者へ要望等の受付及び解決の仕組みについて周知する。
・利用者に対して、解決責任者、受付担当者及び第三者委員の氏名・連絡先を通知する。

要望等の受付

・受付担当者 は、利用者からの要望等を随時受け付けることを周知する。

・利用者に対し、第三者委員へ直接要望等を申し出ることができることを周知する。
・受付担当者は、利用者からの要望等の受付に際し、次の事項を書面に記録し、その内容について申出人に確認する。

 

(1)要望等の内容
(2)申出人の希望等
(3)解決責任者である施設長・園長へ申し出ることもできます。
(4)施設でお願いしている第三者委員へ直接申し出ることもできます。

解決の記録と報告

・受付た要望等は、受付担当者から解決責任者である施設長、園長、関係職員へ回覧し、円滑・円満な解決に努めます。
・第三者委員への報告を原則としますが、申し出の方で第三者委員への報告を拒否される場合は報告をしませんので、その旨を用紙にご記入ください。匿名の手紙、電話等による要望等はすべて第三者委員へ報告しす。

解決の通知

・受け付けた要望等は、解決責任者より所定の用紙により、改善されたものの通知書、調査を実施したことの報告書または調査を行わない旨の通知書をもって申し出人へ通知します。

苦情受付

お電話・FAXまたは当ホームページのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
 
社会福祉法人実寿穂会
TEL.095-860-6320 / FAX.095-860-6323

苦情・相談・要望等<平成30年度受付分>

H30年9月 滑石地区デイサービスセンター

<苦情>
 
  ● 申出者:ご利用者様
 
  ● 内 容:和室にて横になって機器を使用中、周囲をドタバタと騒がしく移動された。使用中は静か
        にしてほしい。
        
                   
      ●  対 応:謝罪し各利用者が機器使用中は静かに移動するよう全職員に周知。移動時は静かに移動を
         行う。
   
   ●   原 因:-
 
   ● 結 果:ご本人様、対応策に納得され利用継続中。
   
   ※事故・苦情に関しては、毎月の法人管理者会議・職員会議において報告し再発防止に努めます。 
    なお、重要な案件には、第三者にも介入していただく場合があります。

H30年8月 滑石地区デイサービスセンター

<苦情>
 
  ● 申出者:ご利用者様
 
  ● 内 容:帰りの送迎時、他の人の家を回ると夕食が遅くなり、人を待たせてします。
        早めに下車したい。
                   
      ●  対 応:早めの送迎で対応する。
   
   ●   原 因:-
 
   ● 結 果:ご本人様、対応策に納得され利用継続中。
   
   ※事故・苦情に関しては、毎月の法人管理者会議・職員会議において報告し再発防止に努めます。 
    なお、重要な案件には、第三者にも介入していただく場合があります。

H30年5月 滑石地区デイサービスセンター

<苦情>
 
  ● 申出者:ご利用者様ご家族
 
  ● 内 容:自宅玄関までの送迎だが、本人様がアパートエレベーターまでの送迎で良いとの
        ことで、エレベーター前で送迎を終了していた。ご家族様より途中で転倒なども
        あるかもしれないので、自宅玄関までの送迎を徹底して欲しい。とお話あり。      
 
      ●  対 応:今までの対応を謝罪した上で、自宅玄関までの送迎を徹底することを説明する。
   
   ●   原 因:スタッフのケア不足
 
   ● 結 果:ご本人様・ご家族様共に対応策に納得され、利用継続中。
   
   ※事故・苦情に関しては、毎月の法人管理者会議・職員会議において報告し再発防止に努めます。 
    なお、重要な案件には、第三者にも介入していただく場合があります。
社会福祉法人実寿穂会
〒852-8052
長崎県長崎市岩屋町45番1号
TEL:095-860-6320
FAX:095-860-6323

――――――――――――――――
社会福祉法人
――――――――――――――――
2
6
7
3
0
8
TOPへ戻る