本文へ移動

サンク・ド・滑石

サンク・ド・滑石

RSS(別ウィンドウで開きます) 

~松風~ 桜の並木道を眺めながら

2017-04-11
 
先日、入居者様と一緒に桜を見に行ってきました
 
最近雨続きだったので、その日だけ雨が止んで本当に良かったです
 
来年も家族様と一緒に行けたらいいなと思う鈴風でした

~宿木~ 笑顔素敵!♡☆♡

2017-04-05
 こんにちわ 宿木の宿子です
 
今年は桜の開花が遅かったですが、4月からゆっくり花見見物が今からできそうですね
 
宿木の利用者様は室内活動や買い物をエンジョイして楽しんでおりました。
 
暖かくなりましたら、また、活動が開始します!
 
4月からの宿木活動をお楽しみに~
 
                   宿子より

~運営推進会議~ 特別企画!!

2017-03-27
「ご葬儀事情」
題名だけ見るとドキッとするかもしれませんが、サンクで2ヶ月に1度開催される
運営推進会議でのひとコマです。M社に依頼しお話しを聞きました。
まずこの「家族葬」という言葉ですが、10年ほど前にNHKの番組で使われたそうで
それからじわじわと広がっていったようです。
では、何故「家族葬」が広まったのかというと、近年の社会的背景が影響しているようです。
まずは、
①個人が高齢、喪主も高齢。
②周囲とのつき合いも希薄化している。→ 参列者の減少
③費用を抑えたい。
というのが上げられます。
ただし、③のただ単に費用を抑えたいと思っても、かえって費用がかかってしまうということが
あるそうです。地方であれば特に。長崎も例外ではないと思います。
ですから、私個人は思うのですが、このような時代です。事前にいろいろ準備していても
いいのではないかと・・・
M社の方も言われていました。いろんな方法があるのだと。だから遠慮せずに相談していただければ、
いろんな提案も出来ますと。そうだと思います。毎日それと対面しているのですから・・・
最後に、「香典」をお包みするそもそもの理由も、地域の「扶助」の精神からだと。
「葬儀にはいろいろと費用がかかるでしょうから、どうぞこれをお使いください。」と・・・
日本人の優しい心がはたらいているんですよね。

~松風~ 餃子作り(*^_^*)

2017-03-27
 
今日は入居者様と一緒に餃子を作りました
 
具を混ぜる所から包む作業までお手伝いして頂き、
 
終始、皆様楽しそうに作業しておられました
 
次も美味しいものをたくさん作って食べたいなと思う
 
鈴風なのでした

~花宴~ 茶碗蒸しパーティー♪

2017-02-10
皆さん こんにちは
花宴の和花です
 
今日は、
吉宗の「茶碗むしと蒸寿しセット」で
花宴入居者様全員と職員全員で茶碗蒸しパーティー
(テーブルと椅子が足らないハプニングあり笑)
 
大きな丼ぶりを片手に持ち、
(かなりのボリューム
「美味し~い」と完食するたくましさに
嬉しく&ビックリでした
 
美味しい物を食べて、お腹が満たされると、
笑顔が増え
心が穏やかになり
幸せ気分になりますね…
 
皆さんの笑顔・たくましさに
嬉しくお腹いっぱいになった和花でした 
 
社会福祉法人実寿穂会
〒852-8052
長崎県長崎市岩屋町45番1号
TEL:095-860-6320
FAX:095-860-6323

――――――――――――――――
社会福祉法人
――――――――――――――――
2
8
0
1
9
4
TOPへ戻る